滑舌トレーニング【さ行の発音理論】 

        
                

 「さ行の発音ができないので、治したいです。」
さ行の滑舌を良くしたいので、滑舌トレーニングをしていますが、そもそもの舌の位置が分かりません。」とお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

        

 さ行の発音を良くするためには、子音の「s」を理解することが重要です。

        

 「さ、す、せ、そ」は、歯茎摩擦音の無声子音の「s」と母音(a,u,e,o)から作られる音のこと。

        

 無声子音の「s」というのは、母音を響かせない状態の、「スー」と息だけを出すもののこと。

                

 例えば、「静かにして下さい」という時の「シー」は、声が鳴っていないのを覚えていますでしょうか。
静かにならないときに、あちこちから飛び交う、謎の息。

                

冗談はさて置き、あのように、息だけ出すものを「無声子音」と呼びます。

                

 さ行の発音がしづらい方は、この「s」の音を作る事が大変苦手です。
息漏れを起こしたり、「」が「しゅ」に近い音になるなど、意識をしても、明瞭な「さ行」にならないのです。

                

 「」の場合は、歯茎硬口蓋摩擦音の無声子音と母音(i)から作られる音のため、「さすせそ」とは、硬口蓋への近づく範囲などに違いはありますが、改善していく上では、息を出す量などは、他の言葉と相違はありません。

                

 また、「歯並びが悪いから、さ行の発音ができない」と心配なさる方も多くいらっしゃいますが、

                

実は、歯並びが悪くとも綺麗な発音はできるものなのです。

                

詳しくは「歯並びは滑舌に関係ない?」をご参照ください。

       
          

 正しくさ行を発音するためのポイント 

                    
  • ・舌先の位置
  • ・息を出す方向
  • ・息の量
  • ・顎の位置
  • ・軟口蓋の使い方
  •           
                

 さ行の発音が言いづらい、と感じている方は、上記のポイントが上手くできていない場合に多く見受けられます。

                

 よく生徒さんから伺うことは、さ行の発音に関して、「インターネットで○○と書いてあったので、舌の位置を○○にしていました」

                

また、「別のお教室に通っていましたが、○○と教わっていました」など。

                

 見させて頂くと、どちらの場合も、舌の位置が、正解とは全く逆の位置にあることがほとんどです。

                

「その位置では、言いづらくなりますので、○○にしてください。」とお伝えすると、 

                

「この方が言いやすいです。」「言いづらい、と思っていたのですが、○○と教わったので・・・。」と。

                

「今までは、何だったんだろう・・・(涙)」と、間違った情報で、翻弄される生徒さんを見ると、なんとも複雑な心境です。

        

 とにもかくにも、正しい舌の位置で発音練習ができれば、「言いやすい」と感じるもの。

                

 また、正しい舌の位置で「さ行」の滑舌トレーニングを行うことができたならば、必ず発音は改善するものです。この方法で良いのか?と疑問に思った時は、立ち止まってみることも大切です。

                

さ行の発音理論が分かってこそ、正しく発音ができるものです。

                

思い立ったら、まずは、ご自宅で簡単にできる、「舌筋トレーニング」から始めてみましょう!

        

滑舌矯正コース内容は「こちら

        

プロ滑舌矯正コース内容は「こちら

トップページジャスにできることコース 特長入会お申し込みアクセス お問い合わせ
Copyright (c) 2017 Voice Lesson Justice. All rights reserved.