病院で診断できない舌のもつれについて 

        
                

 舌がもつれる、とお越しになる生徒さんの中に、「病院で診てもらったが、異常はない、と診断された」という方が多くいらっしゃいます。

        

 話して頂くと、確かに「普通」に会話ができ、「普通」に発音できている方がほとんどで、一見、何が悪いのか、と思う程の方がいらっしゃいます。

        

 例えば、さ行やた行が発音できない、など、会話をしていて、発音自体に不明瞭さがある場合は、「滑舌が悪い」と断定することができますが、その症状が隠れている場合があります。

        
          

 < 生徒さん方の症状 > 

                    
  • ・話していると、段々と舌がもつれる
  • ・一旦舌がもつれると、もつれが止まらない
  • ・調子の良い日と、調子の悪い日がある
  • ・一日の中でも話しやすい時と、話しづらい時がある
  •           
        

 これらの症状を話して頂く間は、「多少の滑舌の悪さ」はありますが、特に目立って舌がもつれることはありません。

        

 病院でも、生徒さんは症状を説明するのですが、実際に話している時には、舌がもつれることがないため、医師の方も判断がつかないのも無理はありません。

        

 しかし、この「多少の滑舌の悪さ」が重要ポイントで、この時点で、既にもつれの傾向は出ているのです。

        

 こんなに困っているのに、症状を分かってもらえない、という病院での出来事があり、中には、症状を分かってもらおうと、寝不足の状態でお越しになるなど、敢えて、調子を悪くする状態でお越しになる生徒さんもいらっしゃいます。

        

 また、病院では、皆さん、脳の検査や、言葉の検査なども行うそうですが、もちろん、「異常はない」とのこと。

        

 この点で良いことは、脳などに問題がないのであれば、「滑舌や発音」に原因を絞ることができますので、安心して滑舌トレーニングを行えることです。

        

 舌がもつれる場合は、以前から滑舌が悪いのか、ここ最近悪くなったのか、など、把握する必要があります。

        

< 舌がもつれる原因 >

        

 舌がもつれる原因は、以前から滑舌が悪い場合、「さ行」「た行」「ら行」など、特定の言葉の発音の仕方が悪いことや、舌小帯が短い(舌小帯短縮症)など、舌の形により、発音がし辛いことが挙げられます。

        

 一方で、ここ数年で悪くなった場合は、何かをキッカケに、発音の位置が変わったり、ストレスなどで、舌がもつれるようになるなどが挙げられます。

        

 「滑舌が悪い原因
 「滑舌が悪くなった原因
 「話す時に舌がもつれるのはなぜか」でもご説明しています。

        

 いづれにせよ、そもそも発音の仕方が間違っていれば、発音の舌の位置を正す、また、発音の位置が変わってしまったのであれば、以前の発音の位置に戻す、ということが大切なのです。

        

 以前、舌のもつれがなかった生徒さんは、滑舌トレーニング後には、以前の発音の位置に戻りますから、瞬時に発音がしやすくなります。帰る時には、「今日来たときより、話しやすいです」と驚かれ、また、このトレーニングをすれば、良くなるのか、と安堵されることろでもあります。

        

 まさに、舌がもつれる時の「良薬」は、「滑舌トレーニング」なのです。

                

滑舌矯正コース内容は「こちら

        

プロ滑舌矯正コース内容は「こちら

        
トップページジャスにできることコース 特長入会お申し込みアクセス お問い合わせ
Copyright (c) 2017 Voice Lesson Justice. All rights reserved.