痩せるだけで本当に滑舌は良くなるの?

 痩せると滑舌は良くなりますか、とたまにご質問を頂きます。

 体重が増えると、舌にも厚みが出やすく、発音がしづらいことがあります。

 もちろん、体重だけが問題ではありませんが、痩せるだけで本当に滑舌は良くなるのでしょうか? どのような方に効果があるのか、詳しくご説明させて頂きます。

痩せると本当に滑舌は良くなるの?

 結論から言うと、痩せると滑舌は良くなります。ただし、これには条件があり、症状に当てはまる人には比較的効果があります。

条件
  • 最近、体重が増えたとともに、滑舌が悪くなったと感じた場合
  • ご自身の骨格以上に体重が重い場合

 上記2つの条件に当てはまる場合には、体重増加に伴う、舌の厚み増加が原因で発音がしづらいため、痩せることで、滑舌は良くなります。

 痩せることで、舌の厚みが減り、以前と同じように発音がしやすくなるということです。

 もちろん、小さい頃から、体重が重くても、滑舌良く話すことができる方も多いため、体重が重いことが滑舌を悪くしてる原因ではありませんが、ご自身の骨格以上に体重が重い方は、ご自身の骨格にあった体重にすることで、話しやすくなります。

体重増加による舌の厚み増加

 体重が増えると、舌の厚みも増加傾向にあります。もちろん、内頬を噛みやすくなるなど、頬からの影響もあります。

 体重が増加する時には、仕事のストレスで食べる量が増えた、食べる時間帯が真夜中、など、原因は多くありますが、脳への影響もあり、それが滑舌へと影響を与えています。

 実質的に舌の厚みが増え、滑舌が悪くなるパターンと、ストレスにより、脳への影響で滑舌が悪くなるパターンとがあります。

 また、体重増加により、舌の厚みが増えた場合は、口の中で舌が一杯になる状態があり、発音がしづらくなります。もちろん、内頬にも肉がつき、口の中がやはり舌で一杯に感じるものです。

痩せるだけで滑舌が良くなる!

 痩せるだけで滑舌が良くなる・・・夢のような話ですが、実際に滑舌は良くなります。

 体重増加による舌の厚み増加の場合には、痩せると舌の厚みが少なくなり、以前と同じ舌の厚みになることで、話しやすくなります。

 つまり、体重が減ることで、結果的に舌も痩せ、舌が動きやすくなることで、滑舌が良くなるということです。

ただし、昔から滑舌が悪い方は、発音の仕方に間違いがあり、体重の変化によって起きていませんので、滑舌を良くしたい場合には、滑舌矯正が必要です。

 痩せることが全てではありませんが、滑舌が悪くなったきっかけが体重増加に伴うものと感じる場合には、効果があります。体重が話しやすかった頃に戻るのですから、結果は言うまでもありません。

痩せなくても滑舌は良くなる!

 痩せなくても滑舌は良くなる・・・これまた夢のような話ですが、痩せない替わり(ダイエットをしない替わり)に滑舌トレーニングが必要です。

 例えば、口の中が舌で一杯なのであれば、その状態に合った滑舌トレーニングを行うことで、滑舌は良くなります。

 そもそも単語での発音がしづらい場合には、発音の位置を整える必要がありますので、滑舌矯正が必要ですが、多少の滑舌の悪さの場合は、舌の筋肉トレーニングがおすすめです。

舌筋トレーニングは「滑舌を良くする方法Lesson1舌のトレーニング」でご紹介しています。

結論

 体重増加による舌の厚み増加で、滑舌が悪が悪くなったと感じた場合には、痩せるだけで、滑舌を良くすることができます。先ほどご説明した、条件に当てはまる方は、トライしてみましょう。

 痩せても以前のように滑舌が良くならない場合には、発音の位置が変わってしまった可能性があります。その場合には、発音の位置を整えることで滑舌を良くすることが可能です。

 一方、痩せたいけど、すぐに痩せられない、という方は、滑舌トレーニングをすることで、滑舌を良くすることができますので、まずはご自宅でも簡単にできる「舌筋トレーニング」をお試しください。


Voice Lesson Justice






東京・渋谷の滑舌教室

ヴォイスレッスンジャスでは、滑舌が悪く日常会話で発音がしづらい方や、声優、俳優、ナレーター、アナウンサーなどプロの方へ滑舌を治すトレーニングを行なっております。

お試しレッスンも行なっておりますので、詳細はホームページをご覧ください。