「イ段」が言いにくい、発音できない理由とは?

I-dan

「イ段」が言いにくい、「イ段」の発音ができないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。

「イ段」とは、母音に「イ」を含む列の言葉。日本語の中の「いきしちにひみいりゐ」のことです。

「いきしちに」が言いにくい、「イ段」の滑舌が悪いと感じている場合は、子どもの頃から言えないことが多く、発音の間違いにより起きています。

それでは「イ段」が言いにくい理由を詳しくご説明します。

Q「イ段」が言いにくい、発音できない理由とは?

Q

「イ段」が言いにくい、発音できない理由とは?

A

母音の「イ」の誤った発音が原因

A母音の「イ」の誤った発音が原因

「イ段」が言いにくい場合には、母音の「イ」の発音の仕方に間違いが生じています。

「アイウエオ」の中の「アウエオ」は発音ができて、全く問題はないが、「イ」の発音だけが言いにくくなっている場合があります。

母音の「イ」が言いにくい場合は、「イ」を発音する時に、舌が立つなど、舌自体に極度に力が入ることが多くあり、発音が困難になります。

また、上顎に舌の片側のみ押し付けるなど、舌が左右に偏るなどして、発音がしづらくなることもあります。

舌に力が入る

「イ段」の発音で、舌に力が入った経緯を遡ることはできませんが、多くの方が子供の頃から「イ」の発音がしにくかった、発音ができなかったと感じています。

子供の頃に発音を練習することはありませんので、間違った発音の仕方になり、なんとか発音をしようと、無理に発音していくことで、舌に力が入る「癖」がついてしまうことが原因です。

生徒さんからよく伺うことは、ご自身で力を抜いて発音しようとするが、いざ、発音しようとするとできない、ということです。舌の脱力だけの練習をしても、良くならないことがほとんどです。

子音と母音の間違い

母音の「イ」に間違いが生じると、子音も影響を受け、「カ」「サ」「タ」「ナ」「ハ」「マ」「ヤ」「ラ」の子音である、「k」「s」「t」「n」「h」「m」「y」「r」にも間違いが生じてきます。

そのため、「イキシチニヒミリ」の「イ段」全ての発音ができなくなります。

ただし、「アウエオ」ができているため、例えば「か行」の場合は「カクケコ」は発音ができていて、「キ」のみが言えないことが多く、子音の「k」自体に間違いがあるわけではありません。

「イ段」が言いにくい方は、「か行」の中の「キ」が言えない、「さ行」の中の「し」が言えない、など、「イ段」の言葉が言いづらくなっています。

「イ段」とは?

「イ段」とは、母音に「イ」を含む列の言葉。日本語の中の「いきしちにひみいりゐ」のことです。

最後の「ゐ」は「い」と発音しますが、基本的に使うことはありません。

「イ段」が言いにくい場合は、「イキシチヒミリ」や「リャリュリョ」「キャキュキョ」なども舌が立つなどして、舌に力が入り、言いにくいことが多くあります。

側音化構音が関係

「イ段」が言いにくいことを側音化構音と言います。

「キ」が「ギ」になったり、「シ」が「ヒ」になったり、「キ」が「チ」になったり、自分が発音したい音と、違う発音になることが多く、口の片側のみで発音している感覚があるなど、発音の違和感を感じることが多くあります。

いづれも、舌の位置の間違い、発音の仕方の間違いが原因のため、側音化構音は、トレーニングで治すことが可能です。

CHECK!
イ段が言いにくい方は、「側音化構音を治したい大人の方へ」も併せてご参照ください。

「イ段」は治すことができる

「イ段」が言いにくい方は、正しい舌の形と発音の仕方をトレーニングすることで、治すことが可能です。

発音しづらい、舌の癖を取るトレーニングをすることで、発音がしやすくなります。

まとめ

「イ段」が言いにくい方は、母音の「イ」を整えること、子音を整えることで、発音を改善することが可能です。

まずは、ご自宅でトレーニングが可能な「滑舌を良くする方法【Lesson1】舌トレーニング」をお試しください。


Voice Lesson Justice






東京・渋谷の滑舌教室

ヴォイスレッスンジャスでは、滑舌が悪く日常会話で発音がしづらい方や、声優、俳優、ナレーター、アナウンサーなどプロの方へ滑舌を治すトレーニングを行なっております。

お試しレッスンも行なっておりますので、詳細はホームページをご覧ください。