「ら行」が言えない原因とは?

「ら行」が言えない、「ら行」が発音できないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。

「ら行」は日本語の50音の中でも、舌をよく動かす発音です。「らりるれろ」が言いづらい場合には、子音の「r」の舌先の位置の間違いが原因です。

それでは、「ら行」の滑舌がなぜ悪いのか、「ら行」が言えない原因を詳しくご説明します。

Q「ら行」が言えない原因とは?

Q

「ら行」が言えない原因とは?

A

舌先の位置の間違いが原因

A舌先の位置の間違い

「ら行」が言えない原因は、子音の「r」の舌先の位置の間違いが原因です。

「ら行」が発音しづらい場合は、子音の「r」と母音「a,i,u,e,o」の発音の仕方に間違いが生じています。

子音の「r」の舌の当て方の間違いが原因で、「ラ行」が「ダ行」になったり、「らりるれろ」の単語が言えない等、「ら行」の発音のしづらさが起きています。

「ら行」の発音の特徴とは

日本語の「ら行」の発音は、舌を弾き発音することが特徴です。

子音の「r」は「弾き音」と言い、母音の「あいうえお」と組み合わさって「らりるれろ」と発音されます。50音の中でも舌をよく動かす発音です。

ここで、実際の発音で間違いが起きやすい理由は「はじき」という部分です。舌を弾こうとして、言いづらさが起きている場合が多くあります。

「ラ行」が「ダ行」になる

「ラ行」が「ダ行」になると、ら行の滑舌が悪いとお悩みの方が多くいらっしゃいます。子供も大人も、多くの方が舌の当て方の間違いにより、「ラ行」が「ダ行」に発音が変化しています。

例えば、「ラクダ」が「ダクダ」、「そら」が「ソダ」、「カラフル」が「カダフドゥ」等、言葉がはっきりと発音できないことが多くありますが、舌の中央部分で発音している場合を、口蓋化構音と言います。

発音している側も、聞いている側も、発音の混乱が起きるなど、聞き返されることが多くあります。

口蓋化構音が原因

「ら行」が言えない原因の1つは、口蓋化構音です。

本来、「ら行」は舌先を上下させて発音する音ですが、口蓋化構音の場合は、舌の中央部分を上顎の中央部分に当てて「ら行」を発音してしまいます。

舌が立ったまま発音するなど、舌に力が入りやすい場合もあり、「ら行」が「だ行」になる原因となります。

CHECK!
「ら行」の舌先が上下していない場合には、「口蓋化構音とは」をご参照ください。

舌小帯短縮症が原因

「ら行」が言えない場合、生まれつき、舌の裏側にあるスジが短く、舌先が上顎につきづらいことがあります。

舌小帯短縮症と言いますが、あまりにも短い場合には、舌の手術をすることがあります。

しかしながら「滑舌は手術で良くなるのか?」の通り、手術をしてもしなくても、現状の舌の長さで、ら行の発音を良くすることは可能です。

ら行の滑舌練習に巻き舌はNG

「ら行」の滑舌練習のために、巻き舌を練習しています、と伺うことがあります。

「ら行」の滑舌練習に巻き舌はNGです。

舌を巻く動作は、「ら行」の発音に必要がないこと、また、巻く動作をすることで、「られる」がさらに言いづらくなることがあります。

インターネットの情報の間違い

生徒さんから、『インターネットに書いてあった「ら行」の発音の位置で練習をしていますが、うまく言えません。』と伺うことが多くあります。

皆さん「何度練習しても、言えない」とお悩みですが、実は、その発音の位置自体に間違いがあることが原因で、改善することができていません。

発音は、正しい位置でトレーニングを行うと、効果が必ずありますので、うまく発音できない場合には、トレーニング内容を見直すことが必要です。

まとめ

ら行が言えない原因とは、「r」の舌先の位置の間違いにより起きています。

原因は明らかですので、子音と母音の舌先の位置を変え、発音の仕方を変えることで、「ら行」の発音を改善することができます。

まずは、ご自宅で簡単にトレーニングが可能な「滑舌を良くする方法【Lesson1】舌トレーニング」をお試しください。


Voice Lesson Justice






東京・渋谷の滑舌教室

ヴォイスレッスンジャスでは、滑舌が悪く日常会話で発音がしづらい方や、声優、俳優、ナレーター、アナウンサーなどプロの方へ滑舌を治すトレーニングを行なっております。

お試しレッスンも行なっておりますので、詳細はホームページをご覧ください。