「つ」が言いにくい、発音できない原因は何ですか?

tsu

「つ」が言いにくい、発音できない、とお悩みの方が多くいらっしゃいます。

「た、ち、つ、て、と」の中でも、特に「つ」のみの発音がこもってしまう、「つ」が「ちゅ」になるなどがあります。子供も大人も苦手な「つ」ですが、発音の間違いにより起きています。

それでは、「つ」が言いにくい、発音できない原因を詳しくご説明します。

Q「つ」が言いにくい、発音できない原因は何ですか?

Q

「つ」が言いにくい、発音できない原因は何ですか?

A

子音「t」の誤った発音が原因

A子音「t」の誤った発音が原因

「つ」の発音が言いにくい場合には、子音「t」の発音の仕方に間違いが生じています。

「た、ち、つ、て、と」の中の「た、ち、て、と」は発音ができるが、「つ」の発音のみが言いにくくなっている場合があります。

これは、子音の「t」の発音時に、舌の中央部分が盛り上がり、上顎に押し付けて発音しているなど、子音「t」の誤った発音が原因です。

「つ」の発音の仕方

「つ」の発音は、子音の無声歯茎破擦音「ts」と母音「ウ」で作られています。

た行の破裂音「t」に「s」が混ざった子音のため、空気の流れを出すことが、「つ」の正しい発音の仕方です。

ただし、「つ」が言えない方は、空気の流れを出すことが難しく、「す」の発音も同様に、こもるお悩みをお持ちです。

「つ」の発音がこもる

大人の方で「つ」の発音が言いにくい場合は、「つ」の発音がこもるお悩みをお持ちです。

多くの方が子供の頃から発音がしにくかった、発音できなかったと感じています。

口の中で、こもった発音になりますが、空気が片側から出ることや、口の中に発音の違和感が出ることが多くあります。

また、「つ」のみならず、「す」や「さ行」全般に発音のこもる場合も多くあります。

このように、舌の中央部分が盛り上がり、上顎の中央部分に接触し、発音してしまうことを、口蓋化構音と言います。

口蓋化構音とは?

口蓋化構音とは「さ行、つ、す」等がこもった発音になることです。口蓋化構音とはでご説明しています。

「つ」が「ちゅ」になる

子供の発音の間違いで多く見られるのが、「つ」が「ちゅ」の発音になることです。

上顎への舌の当て方により、「つ」が「ちゅ」と変化しますが、舌が立つなどの問題ではなく、子音「t」の発音の仕方の間違いが原因で起きていますので、位置を調整することで改善できます。

もちろん、大人の方で「つ」が「ちゅ」に近い発音になる方もいらっしゃいます。歯科で前歯を削ったら、「つ」が「ちゅ」に近い発音になってしまった、と聞くこともあります。

発音の仕方が変わったのは、前歯の感覚が以前と違い、舌の位置がズレてしまったことが原因です。この場合も舌の位置を調整することで改善ができます。

口蓋化構音が関係

「つ」が言いにくい、「つ」が発音できない場合には「口蓋化構音」が関係しています。

無意識に、舌の中央部分に力が入り、舌が盛り上がった状態で発音してしまうことを「口蓋化構音」と言います。

舌が立ったまま発音されてしまうため、口の中で発音がこもってしまいます。力を抜こうと思っても、中々抜けず、発音する時には、舌の癖により発音がしづらくなっています。

ただし「口蓋化構音」は、正しい舌のトレーニングを行うことで、改善することができます。

舌のトレーニングで改善できる

「つ」が言いにくい、発音できない場合は、原因にあった、正しい舌のトレーニングをすることで改善することができます。

「つ」の発音がこもってしまうのは、舌に原因があります。

舌の位置、舌の形を調整することで、発音をしやすくすることができるのです。

CHECK!
滑舌矯正のお試しレッスン行っております。

まずは、ご自宅でトレーニングが可能な「滑舌を良くする方法【Lesson1】舌トレーニング」をお試しください。


Voice Lesson Justice






東京・渋谷の滑舌教室

ヴォイスレッスンジャスでは、滑舌が悪く日常会話で発音がしづらい方や、声優、俳優、ナレーター、アナウンサーなどプロの方へ滑舌を治すトレーニングを行なっております。

お試しレッスンも行なっておりますので、詳細はホームページをご覧ください。