• ヴォイスレッスンジャス
  • 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル6F
  • TEL:03-5950-3270
滑舌矯正教室【東京渋谷】ヴォイスレッスンジャス Voice Lesson Justice

口蓋化構音とは

口蓋化構音とは
                

 口蓋化構音でお困りの方が、滑舌を治すために多くお越しになります。

        

 口蓋化構音とは「さ行」「た行」「つ」「ら行」「な行」等の発音で口の中でこもった発音になるなど、言いづらさが起きている状態のことです。病院では発音障害とも言われますが、大人の方の口蓋化構音は、舌のトレーニングを行うことで治すことができます。

        

 同じ症状の人はいるのか、どのように改善するのか「口蓋化構音」を治したい方へ詳しくご説明します。

        
        
          
                
  1. 口蓋化構音とは
  2.             
  3. 大人の口蓋化構音の症状
  4.             
  5. 口蓋化構音の見分け方
  6.             
  7. 「さ行」「す」「つ」の発音がこもる
  8.             
  9. 「ら行」が言えない
  10.             
  11. 治らないと思っている方も多い
  12.             
  13. 口蓋化構音はトレーニングで治る
  14.             
  15. 声優の方もいる
  16.           
         
        
              

口蓋化構音とは

        

 口蓋化構音とは「さ行」「た行」「つ」「ら行」「な行」等の発音の時に、舌の中央部分が盛り上がり、上顎の中央部分に接触し、発音してしまう状態のことです。

        

 子供の頃から発音がしづらいことが多く、口の中でこもった発音になるなど、発音の誤りが起きています。自然に治ることは少なく、発音の訓練をしない場合には、大人になっても治らない場合がほとんどです。

        

 側音化構音とは違い「さ行」全般、「ら行」全般など、「行」単位での発音のしづらさが起きています。「いきしちに」が言えない場合は「側音化構音を治したい大人の方へ」をご参照ください。

     

大人の口蓋化構音の症状

        

 大人の方の口蓋化構音でお悩みの方から、下記のような症状を伺います。

       
          

症状

                    
  • 「さ行」の発音がこもってしまう
  • 「ら行」が「だ行」になる
  • 「ます」が「まふ」のようになる
  • 「す」「つ」の発音がこもる
  • 発音全体が、口の奥側で、こもっている感覚がある
  • 発音する時に、舌に力が入る。
  • 舌奥の横から空気が漏れる感覚がある
  • 病院等で言語聴覚士の方にトレーニングをしてもらったが、言いづらさが残っている
  •           
     

口蓋化構音の見分け方

        

 口蓋化構音は、舌の中央部分を上顎の中央部分に接触させて発音してしまうことです。

        

 単に「さ行」が言えない、というよりは、舌の中央部分と上顎の中央部分の接触により発音してしまう状態を口蓋化構音と言います。

       
          

見分け方の例

                    
  • さ行を発音している時に上顎に舌の中央部分が接触している
  • ら行の発音で、舌先ではなく、舌の中央部分が上顎に接触している
  • つの発音で、舌の中央部分が上顎の中央部分に接触している
  •           
        

 もし、上記の状態で発音をしている場合は、口蓋化構音の可能性がありますが、発音を正しい位置にトレーニングすることで、発音が楽になります。

     

「さ行」「す」「つ」の発音がこもる

        

 「さ行」や「す」「つ」の発音がこもる場合は、舌中央部分の動きや発音の仕方に間違いが原因です。

        

 「さ行」は口の前側で発音する音ですが、口の中側で発音することで、発音がこもってしまいます。口蓋化構音の場合は、舌の中央部分が盛り上がり発音する感覚があります。

        

 子音から母音の移行もスムーズではなく、中央部分に接触したまま発音してしまう方もいらっしゃいますが、滑舌トレーニング【さ行の発音理論】の通り、「s」「t」の子音と母音の舌の位置を整えることで、改善が可能です。

     

「ら行」が言えない

        

 「ら行」が言えない方は「ら行」が「だ行」になる、「ら行」が「が行」に近い音になる、など、「ら行」の発音がこもるお悩みをお持ちですが、舌先の位置や発音の仕方の間違いが原因です。

        

 ら行は舌先を上下させることで発音する音ですが、舌の中央部分を上顎につけて発音することで、「ら行」の発音がしづらくなります。

        

 聞き返されることも多く、言葉が混合することで、何を発音しているのか分からなくなることもありますが、「らりるれろが言えない原因」の通り、舌の位置を整えることで、改善が可能です。

     

治らないと思っている方も多い

        

 口蓋化構音の方は、治らないと思っている方が多くいらっしゃいますが、舌のトレーニングを行うことで治すことが可能です。

        

 ヴォイスレッスンジャスでは、年齢問わず、多くの口蓋化構音でお悩みの方にトレーニングを行なっていますが、改善した生徒さんからは「子供の頃から、発音がしづらかったので、諦めていた」「発音は治らないものだと思っていた」と伺うことが多くあります。

        

 中には、言語聴覚士の方に訓練をしてもらったが、言いづらさが残っているので、見て欲しいという方も多く、状態を見させて頂くと、母音の形も整っていない場合が多くあります。正しい発音に「似た」音は出ていても、舌が整っていない状態が多くあります。

     

口蓋化構音はトレーニングで治る

        

 発音の癖を取り除く舌のトレーニングを行うことで、口蓋化構音は治るものです。

        

 基本的には、教室での1回のレッスンで正しい発音に導くことは可能ですが、継続的に会話で使うための固定をするトレーニングが必要です。

        

 口蓋化構音の方は、舌の中央部分の盛り上がりの癖を取り除き、発音に繋げるトレーニングが必要です。トレーニング後には、「発音が楽になりました」「初めて"つ"が言えました」と発音の軽さに感動する生徒さんも多くいらっしゃいます。

        

お試しレッスンでトレーニングも可能です。

     

声優の方もいる

        

 声優のお仕事をされている方も、口蓋化構音の方はいらっしゃいます。

        

 声優、俳優、ナレーター、アナウンサーの方へのトレーニングも多く行なっていますが、舌の位置を見させて頂くと、「ら行」の発音など、発音の仕方に間違いがあることが多くあります。

        

 この場合も、舌を整え鍛えるトレーニングを行うことで、改善が可能です。まずはご自宅でもできる滑舌を良くする方法【Lesson1】舌トレーニングをお試しください。

           
お試しレッスン

お試しレッスン実施中!

「いきしちに」が発音しづらい方へ、根本改善する、舌のトレーニングを行います。(50分×2回)

コースの特長

コースの特長

滑舌矯正コース、プロコースの特長。効果を実感、発音の理論に基づいた「舌筋トレーニング」が特長です。

オンラインレッスン

オンラインレッスン

滑舌矯正のオンラインレッスンはご自宅で受講が可能です。

滑舌矯正コラム

お悩み解決コラム!

ココで解決!お悩み別コラム。滑舌を良くする方法や滑舌が悪い原因をご紹介します。

短期集中コース

短期集中コース

短期間で滑舌を改善したい方へ、短期集中コース(50分×12回)にてトレーニングを行います。