「な行、ま行」が鼻声になる原因は何ですか?

nasal-voice-img

「な行、ま行」が鼻声に聞こえてしまう、というお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

「なにぬねの」や「まみむめも」の発音が、鼻が詰まったように聞こえてしまう、鼻から空気が抜け過ぎて、モタッとした話し方になるなど、鼻声になる形も様々あります。

それでは、なぜ、「な行、ま行」は鼻声に聞こえてしまうのか、滑舌の専門家が原因を詳しくご説明します。

Q「な行、ま行」が鼻声になる原因は何ですか?

Q

「な行、ま行」が鼻声になる原因は何ですか?

A

鼻から出る空気が原因

A 鼻から出る空気が原因

「な行、ま行」が鼻声になるのは、鼻から出る空気が原因です。

「な行」の子音「n」や、「ま行」の子音「m」は鼻音のため、鼻から空気が抜けることによって、発声されますが、この空気の量により、鼻声へと変化します。

鼻をつまみ「まみむめも」と言うと、鼻が詰まったような音になると思います。これは、鼻から空気が抜けることにより、言葉が作られているからです。

鼻をつまんでも空気が抜けない!と言う方は、日常会話で鼻声で話している場合が多くあります。

鼻声には2種類ある

鼻声には2種類あります。

鼻からの空気が上手く流れず、硬い鼻声になる場合と、鼻からの空気が流れすぎて、柔らかい鼻声になる場合の2種類です。

この2種類の鼻声ですが、どちらの鼻声になるのかによって、改善のトレーニング内容が変わります。

  1. 硬い鼻声
  2. 柔らかい鼻声

1.硬い鼻声

「な行、ま行」の発音時に、鼻からの空気が上手く流れずに、息が止まってしまうと、硬い鼻声に変化します。

鼻が詰まったような声になることが特徴です。

この場合には、柔らかい声を出したいが、息が流れず、甘えたような話し方や、子供っぽい発音の仕方になります。

2.柔らかい鼻声

鼻から空気が流れ過ぎると、柔らかい鼻声へと変化します。

例えば「まみむめも」に「んまんみんむんめんも」と「ん」がつくような、モタッとした重たい響きに変化する状態です。

空気の出る量が多いので、継続的に話していると、息苦しさを感じることもあります。これは、必要以上に息が漏れていることが原因です。

「な行、ま行」の発音以外でも、他の言葉でも空気の漏れる傾向があります。この場合には、硬めの声になるよう、発音訓練をすることで改善することができます。

ナレーターの方で、声を柔らかく出したい場合に、間違った方向で練習をすることで、必要以上に息が漏れることがあります。息を混ぜることと、漏れることでは、表現に違いが出てしまいますので、注意が必要です。

な行、ま行以外も息漏れする方は、下記もご覧ください。

さ行の息漏れ

さ行の発音で息が漏れる原因は何?

2022年8月5日

「な行、ま行」の鼻声を改善するには?

「な行、ま行」の鼻声を改善するには、鼻から抜ける空気の量を調整することが必要です。

硬めの声が出る方は、息を流すトレーニングが必要で、柔らかい鼻声の方は、鼻から抜けてしまう息の量を調整する必要があります。

それぞれの原因に合った練習をすることで、「な行、ま行」の鼻声を改善することができます。

「な行、ま行」の発音は改善できる

「な行、ま行」の発音が鼻音になってしまう原因は、2種類です。

な行の子音の「n」や、ま行の子音の「m」をコントロールする力がつくと、前後の言葉に左右されることなく、発音がしやすくなります。

声優、ナレーター、俳優、アナウンサーの方など、プロの方も、組み合わさることで言いづらい場合には、舌と唇が瞬時に動くよう、舌や唇のトレーニングすることで、明瞭な発音にすることができます。

Trial Lesson!

根本的に滑舌を良くするためのお試しレッスンを行なっております。

まとめ

「な行、ま行」が鼻声になる場合には、正しいトレーニング方法で、改善することができます。

硬い鼻声で困っているのか、柔らかい鼻声で困っているのか、ご自身に合った鼻声の状態を把握することが重要です。

まずは、ご自宅でも簡単にできる、下記の滑舌トレーニングをお試しください。

voice-actor

声優になるのに、滑舌の良さは必要ですか?

2022年8月23日

Voice Lesson Justice






東京・渋谷の滑舌教室

ヴォイスレッスンジャスでは、滑舌が悪く日常会話で発音がしづらい方や、声優、俳優、ナレーター、アナウンサーなどプロの方へ滑舌を治すトレーニングを行なっております。

お試しレッスンも行なっておりますので、詳細はホームページをご覧ください。