声がかすれる原因と治し方 

        
                

 声がかすれる原因は、風邪やストレス、病気など、様々あります。
大きく声を出すなど、喉を酷使した場合にも起こります。
しかし、風邪や病気もでもないのに、声がかすれてしまう場合があります。
それは、下記の原因により起こります。

            

 主な原因とは 

                    
  • 1.声の出し方によるもの
  • 2.加齢(声帯委縮)によるもの
  •    

1.声の出し方

                

 声がかすれてしまうのは、「声帯振動」が関係しています。
声が出る仕組みとは、声を出そうとすると声帯が閉じ、その声帯に肺からの呼気が当たり、声帯振動が生じ、声になるというもの。

        

つまり、「声帯」を上手く振動させることが重要なのです。

        

 声帯はとても繊細な動きをしますが、声帯の閉じが強すぎたり、弱すぎたりすると、声が綺麗に出ません。強ければ、喉が詰まったように、声が出づらくなり、弱ければ、息漏れを起こしますので、かすれた声や小さい声になります。

        

 声帯が閉じていないのに、呼気ばかりを多く出すと、声帯が乾き、かすれた声になるのです。喉を酷使していないのに、声がかすれてしまう原因でもあります。

        

「さ行」のトレーニングをしていると、声がかすれる・・・ということもあります。これは「さ行」で息漏れを起こしていることが原因です。

        

2.加齢(声帯委縮)

                

 病院で、「声帯萎縮」と診断されました、とお越しになる生徒さんがいらっしゃいます。
声帯萎縮」とは、言葉の通り、声帯が萎縮し、声帯が正常に閉じないことにより、声がかすれたり、声が出にくくなるものです。
 この場合は、ほとんどの方が息漏れを起こしています。息が長く続かず、話していても、息苦しさを感じやすいものです。加齢とともに声がでなくなるのは、声帯が萎縮することで起きているのです。

                

上記1,2.ともに、声帯が上手く振動しないために、声のかすれが起きていますので、これらを治すためには声帯のトレーニングが必要です。

               
          

 今すぐできる!声のかすれの治し方 

                    
  1. 壁に両手をついてください。
  2. 壁を押しながら、「あーーーー」と長めに声を出しましょう。
  3.           
                

 上記を10回程、繰り返し行うと、声帯が閉じやすくなり、声が出やすくなります。あまり声が出ない・・・という方は、もう少し、強めに壁を押しながら声を出してみましょう。

        

 レッスンの際は、声帯を鍛えるため、タオルを使用した、声帯トレーニングを行います。いづれの方法も声帯周りの筋肉を鍛えるもので、声帯の訓練をすると声が出やすくなるものです。

        

 声帯萎縮の場合、声帯自体の筋肉を元に戻すことは難しいため、声帯周りの筋肉を鍛えることにより、声を出しやすくします。

 また、声を出す時には、腹式呼吸の練習、あくびで・・・とよく聞きますが、声帯萎縮が起きている方には、ほとんど意味がありません。

                

 振動すべき声帯が閉じなければ、いくら呼吸法を整えても、
息が抜けるばかりで、息苦しさは改善されないものです。

        

 声がかすれるお悩みをお持ちの方は、
まずはご自宅でできる、上記、声のかすれの治し方をお試しください。

        

滑舌矯正コース内容は「こちら

        

プロ滑舌矯正コース内容は「こちら

        
トップページジャスにできることコース 特長入会お申し込みアクセス お問い合わせ
Copyright (c) 2017 Voice Lesson Justice. All rights reserved.