滑舌を良くする方法!あ行~わ行のトレーニング講座

        
                

 滑舌を良くする方法!あ行、か行、さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、ら行、わ行の50音全ての滑舌トレーニング講座です。

        

 ポイントを理解したら、あとは毎日繰り返しトレーニングを行って頂くだけで効果を発揮します。

                

 全ての「行」には、正解の形があり、舌の位置が正しくない場合は、練習の速度を上げても言い辛いままとなりますので、その場合には、根本的に発音を治すための舌のトレーニングをおすすめします。「滑舌矯正とは」でご紹介をしています。

        
        
                
  1. 1.滑舌を良くする方法の5つのポイント
  2.             
  3. 2.あ行
  4.             
  5. 3.か行
  6.             
  7. 4.さ行
  8.             
  9. 5.た行
  10.             
  11. 6.な行
  12.             
  13. 7.は行
  14.             
  15. 8.ま行
  16.             
  17. 9.や行
  18.             
  19. 10.ら行
  20.             
  21. 11.わ行
  22.             
  23. 12.講座のまとめ
  24.           
         
              

滑舌を良くする方法の5つのポイント

                

 ポイント1

        

 あいうえお、いうえおあ、うえおあい、えおあいう、おあいうえ、あえいうえおあお、をそれぞれ5回づつ繰り返します。

                

 ポイント2

        

 息継ぎ(ブレス)位置は、あいうえおを5回づつ発音した後にブレス、いうえおあを5回づつ発音した後にブレス、というように、5回は必ず一息で言えるようにしましょう。

                

 ポイント3

        

 あいうえおを5回づつ繰り返す際は、あいうえお・あいうえお・と切るのではなく、あいうえおあいうえおあいうえお・・・と繋げるように発音します。

                

 ポイント4

        

 あ行~わ行まで、続けて行います。出来るようになったら、速度をアップします。速ければ速い程効果がありますが、言葉をはっきりと発音できていることが前提です。はっきり言えない状態のまま続けると、それが癖となりますので、はっきり言える速度から始め、徐々に速度を上げる方が良いでしょう。

                

 ポイント5

        

 毎日行うことが重要です。

                

 

        

あ行

        

 あ行は基本の部分です。口を大きく発音する必要はありません。適度に速度を上げて発音してみましょう。もし「い」が言いづらい場合や、発音がこもって聞こえる場合は、「い」の舌を整える訓練を行うことが必要です。「しちの発音ができない理由」もご参照ください。

     
                    
  1. あいうえお ×5回
  2. いうえおあ ×5回
  3. うえおあい ×5回
  4. えおあいう ×5回
  5. おあいうえ ×5回
  6. あえいうえおあお ×5回
  7.           

か行

        

か行は子音「k」から成り立つ音です。「k」の息が多すぎると、「クア」のように、息漏れのような発音になりますので、注意が必要です。もし「き」が言いづらい場合は、「い」「き」の舌の位置を整える訓練が必要です。 

     
                    
  1. かきくけこ ×5回
  2. きくけこか ×5回
  3. くけこかき ×5回
  4. けこかきく ×5回
  5. こかきくけ ×5回
  6. かけきくけこかこ ×5回
  7.           

さ行

        

 さ行は、「さ行の発音理論」の通り、「s」が重要です。し、す、を息のみで発音してしまうと速度は上がりますが、練習になりませんので、母音をつけた形で発音するようにしましょう。
「息のみ」が分からない場合は、さーしーすーせーそーと伸ばすと母音が自然と発音されますので、その響きをキープしたまま速度を上げてみましょう。
「し」の発音ができない場合は、「し」「ち」の発音ができない理由もご参照ください。

     
                    
  1. さしすせそ ×5回
  2. しすせそさ ×5回
  3. すせそさし ×5回
  4. せそさしす ×5回
  5. そさしすせ ×5回
  6. させしすせそさそ ×5回
  7.           

た行

        

 た行は、さ行同様に、ち、つ、を息のみで発音しないよう、一音一音、母音を必ずつけて発音しましょう。「息のみ」が分からない場合は、たーちーつーてーとーと伸ばして母音の響きを確認します。

     
                    
  1. たちつてと ×5回
  2. ちつてとた ×5回
  3. つてとたち ×5回
  4. てとたちつ ×5回
  5. とたちつて ×5回
  6. たてちつてとたと ×5回
  7.           

な行

        

 な行は鼻音といい、鼻を響かせることにより発せられる音です。鼻に手を置いて、鼻が響いているかを確認しながらトレーニングを行いましょう。

     
                    
  1. なにぬねの ×5回
  2. にぬねのな ×5回
  3. ぬねのなに ×5回
  4. ねのなにぬ ×5回
  5. のなにぬね ×5回
  6. なねにぬねのなの ×5回
  7.           

は行

        

 は行は、特に息が苦しくなりやすい言葉です。無理をせず、息が苦しくなったら、ブレスを入れて行いましょう。

     
                    
  1. はひふへほ ×5回
  2. ひふへほは ×5回
  3. ふへほはひ ×5回
  4. へほはひふ ×5回
  5. ほはひふへ ×5回
  6. はへひふへほはほ ×5回
  7.           

ま行

        

 ま行は高速で動かしやすい言葉です。終わった後は、唇がジンジンと、熱くなるのではないでしょうか。

     
                    
  1. まみむめも ×5回
  2. みむめもま ×5回
  3. むめもまみ ×5回
  4. めもまみむ ×5回
  5. もまみむめ ×5回
  6. まめみむめもまも ×5回
  7.           

や行

        

 や行は半母音です。子音をはっきりと発音する他の言葉とは違い、曖昧になりやすい言葉ですので、やゆよ部分を強調して、強めに発音してみましょう。 

     
                    
  1. やいゆえよ ×5回
  2. いゆえよや ×5回
  3. ゆえよやい ×5回
  4. えよやいゆ ×5回
  5. よやいゆえ ×5回
  6. やえいゆえよやよ ×5回
  7.           

ら行

        

 ら行は舌を良く動かして発音する言葉です。「ぅら」のように、発音が巻き舌のようにならないよう発音します。舌の動かし方が間違っていなければ、「ら」と発音できます。また、「ら行」が「だ行」のように発音が聞こえる場合は、舌の位置や動かし方に間違いがありますので、細かい滑舌訓練を行う必要があります。

     
                    
  1. らりるれろ ×5回
  2. りるれろら ×5回
  3. るれろらり ×5回
  4. れろらりる ×5回
  5. ろらりるれ ×5回
  6. られりるれろらろ ×5回
  7.           

わ行

        

 わ行は半母音です。唇を使う発音です。「を」は「お」ではなく、極力「うぉ」と発音しましょう。

     
                    
  1. わをん ×5回
  2. をんわ ×5回
  3. んわを ×5回
  4. わをんわを ×5回
  5.           
 

講座のまとめ

        

 上記の滑舌を良くする方法は、舌の位置が正しい場合に、効果的な方法です。もし、言いづらい発音がある場合には、正しい位置にトレーニングをしてから、上記方法をお試しください。

                

 実際の滑舌レッスンでは、舌先の位置、顎の位置、歯も含め、発音のしづらい原因を特定し、発音がしやすくなるよう、発音訓練を行います。

        

 根本的に発音・滑舌を治すことができると、話すことが楽になるものです。

            

Column