言葉が詰まる、第一声の声が出ない原因と改善法 

        
                

 出だしの言葉が詰まって出にくくなる、とお悩みの方が多くいらっしゃいます。「ありがとうございます、お疲れ様です、いらっしゃいませ」など、第一声の「あ」や「お」が詰まって声が出ない、というお悩みですが、声や言葉が詰まり、第一声が出ない原因は、「声帯」が関係しています。

        

 第一声など、声が詰まってしまう場合は、言葉を発する瞬間に力が入り、「声帯が締まる」という現象が起きています。

        

 日常の会話では、声や言葉が詰まることはないのに、特定の言葉、例えば、「ありがとうございます」「おはようございます」「お先に失礼します」など、声がスムーズに出ないことがあります。

        

 声は、声帯に呼気があたり、声帯振動が起こることにより生じますが、声帯が締まると、上手く声帯振動が生じず、声が出づらくなります。

        

ありがとうございますが言えない」でもご紹介しました通り、声帯を締めてしまう場合は、力を抜くということが必要で、力を抜き、呼気が適度に声帯に当たり振動すれば、声の出づらさはなくなります。
つまり、声帯と呼気のバランスが重要ということ。

        

 特定の挨拶だけが言えない場合、他の言葉を話す時には、声帯と呼気のバランスは正常に保たれている一方、特定の挨拶のみ声帯と呼気のバランスが崩れ、言葉が詰まってしまう、そして、それを脳が記憶してしまっている状態があります。

        

 ここで重要なことは、「言える」ということを脳に記憶させること。

        

 つまり、言える状態を作り出すことが、一番の改善方法となります。

        

 それでは、どのように改善するのか。

                

<改善方法>

        

 声が詰まる方は、言う瞬間、言わなくてはならないと思うことで、声帯や体に力が入り、呼気とのバランスが崩れ、声が出にくくなります。
そのため、改善するためには、声帯や体の力を抜く必要があります。

     
          

 言葉が詰まる、第一声の声がでない場合の改善法 

                    
  1. はーーーーーとを吐いてみましょう。
     ※寒い日に手を暖める際に「はーーー」とするよう、息を吐く。
  2. はーーーーーとを出してみましょう。
  3. あーーーーーとを出してみましょう。
     ※ポイントは、「は」と同じ要領で声を出すこと。
      息を吐いて声を出している感覚を身につけることが重要。
  4. ありがとうございます、と発音してみましょう。
  5.           
        

 上記は、息を流し、声を出す、という動作が身に付く方法です。
上記トレーニングをすることで、声を出す瞬間、声帯や体の力が抜けるようになり、言葉が詰まることや第一声が出ない、とお悩みの方の改善に繋がります。

        

 もちろん、特定の言葉以外、通常の会話で詰まりやすい方は、母音自体に詰まりの原因がある場合が多く、その場合には、母音のトレーニングが必要です。

        

 いづれにせよ、特定の言葉だけ、言葉が詰まってしまう場合も、会話で詰まりやすい方も、根本的改善のトレーニングをすることで、必ずスムーズに話せるようになるものです。まずは、上記トレーニングをお試しください。

        

ありがとうございますが言えない」の改善法もご参照ください。

        

滑舌矯正コース内容

        

プロコース内容