• ヴォイスレッスンジャス
  • 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル6F
  • TEL:03-5950-3270
滑舌矯正教室【東京渋谷】ヴォイスレッスンジャス Voice Lesson Justice

滑舌を良くする方法!は行の発音トレーニング

滑舌を良くする方法!は行の発音トレーニング
                

 滑舌を良くする方法!「は行」の発音トレーニングをご紹介します。

        

 「は行」の発音のポイントを理解したら、あとは毎日繰り返しトレーニングを行って頂くだけで効果を発揮します。

                

 「は行」の発音も含め、全ての「行」には、正解の形があります。舌の位置が正しくない場合には、練習の速度を上げても言い辛いままとなりますので、その場合は、根本的に「は行」の発音を治すための舌のトレーニングをおすすめします。「滑舌矯正とは?」にてご紹介しています。

        
        
          
                
  1. 滑舌を良くする方法!は行の発音ポイント
  2.             
  3. 「は行」の滑舌トレーニングの5つのポイント!
  4.             
  5. 「は行」の発音トレーニング方法
  6.             
  7. 「は行」の早口言葉
  8.             
  9. 舌のトレーニングも必須
  10.             
  11. まとめ
  12.           
         
        
      

滑舌を良くする方法!は行の発音ポイント

        

 は行の発音は子音「h」と母音の「a,i,u,e,o」から作られる音です。

        

 「h」は息のみで発音しますが、「h」の息が多く出ると、「ハァヒィフゥヘェホォ」と息が漏れたような発音になりますので、注意が必要です。母音を響かせることを意識して発音してみましょう。

        

 は行は、特に息が苦しくなりやすい言葉です。無理をせず、息が苦しくなったら、ブレスを入れて行いましょう。

     

「は行」の滑舌トレーニングの5つのポイント!

                

 ポイント1

        

 はひふへほ、ひふへほは、ふへほはひ、へほはひふ、ほはひふへ、はへひふへほはほ、をそれぞれ5回ずつ繰り返します。

                

 ポイント2

        

 息継ぎ(ブレス)位置は、はひふへほを5回ずつ発音した後にブレス、ひふへほはを5回ずつ発音した後にブレス、というように、5回は必ず一息で言えるようにしましょう。

                

 ポイント3

        

 はひふへほを5回ずつ繰り返す際は、はひふへほ・はひふへほ・と切るのではなく、はひふへほはひふへほはひふへほ・・・と繋げるように発音します。

                

 ポイント4

        

 「は行」を含めた、あ行~わ行まで、続けて行います。出来るようになったら、速度をアップします。速ければ速い程効果がありますが、言葉をはっきりと発音できていることが前提です。はっきり言えない状態のまま続けると、それが癖となりますので、はっきり言える速度から始め、徐々に速度を上げる方が良いでしょう。

                

 ポイント5

        

 毎日行うことが重要です。

     

「は行」の発音トレーニング方法

        

 は行の発音トレーニングの5つのポイント!に合わせてトレーニングを行なってみましょう!

     
                    
  1. はひふへほ ×5回
  2. ひふへほは ×5回
  3. ふへほはひ ×5回
  4. へほはひふ ×5回
  5. ほはひふへ ×5回
  6. はへひふへほはほ ×5回
  7.           
 

「は行」の早口言葉

        

 「は行」の早口言葉です。上記の発音トレーニングの後に発音してみます。最初はゆっくり、徐々に速度を上げます。何度言っても言いづらい箇所がある場合には、発音や発声自体に間違いがありますので、「は行」の発音の位置を根本的に整える必要があります。

        

 母がアハハと笑い、母方の母がアハハハハと笑う
(ハハガアハハトワライ、ハハカタノハハガアハハハハトワラウ)

                

 ヒヒとヒヒがイヒヒヒヒと笑う
(ヒヒトヒヒガイヒヒヒヒトワラウ)

                

 イヒヒヒヒと笑うマントヒヒとヒヒ
(イヒヒヒヒトワラウマントヒヒトヒヒ)

                

 マントヒヒとマントヒヒがイヒヒヒヒと笑い、マントヒヒの母とマントヒヒの母がイヒヒヒヒと笑う
(マントヒヒトマントヒヒガイヒヒヒヒトワライ、マントヒヒノハハトマントヒヒノハハガイヒヒヒヒトワラウ)

 

舌のトレーニングも必須

        

 上記の滑舌を良くする方法!は行の発音トレーニングの内容は、息漏れが起きていないことや、舌の位置が正しい場合に、効果的な方法です。もし、「は行」が言いづらい場合には、正しい位置にトレーニングをしてから、上記方法をお試しください。

                

 実際の「は行」の滑舌レッスンでは、は行の発声方法、舌先の位置、顎の位置、歯も含め、発音のしづらい原因を特定し、発音がしやすくなるよう、発音訓練を行います。

        

お試しレッスンでトレーニングも可能です。

 

まとめ

        

 「は行」の滑舌を良くするためには、子音の「h」を綺麗に発音することが必要です。

            

 息が漏れ過ぎないように、母音を響かせるよう「は行」の滑舌トレーニングを行なってみましょう。

        

舌のコントロールができるよう滑舌を良くする方法【Lesson1】舌トレーニングもお試しください。

                     
お試しレッスン

お試しレッスン実施中!

滑舌を良くしたい方へ、根本的改善に繋がる舌のトレーニングを行います。(50分×2回)

コースの特長

コースの特長

滑舌矯正コース、プロコースの特長。効果を実感、発音の理論に基づいた「舌筋トレーニング」が特長です。

オンラインレッスン

オンラインレッスン

滑舌矯正のオンラインレッスンはご自宅で受講が可能です。

滑舌矯正コラム

お悩み解決コラム!

ココで解決!お悩み別コラム。滑舌を良くする方法や滑舌が悪い原因をご紹介します。

短期集中コース

短期集中コース

短期間で滑舌を改善したい方へ、短期集中コース(50分×12回)にてトレーニングを行います。