話し方と滑舌の関係 

        
                

 話し方と滑舌の関係とはどのようなものでしょうか。

        

 「話し方」と聞くと、会話力やスピーチ力、を想像すると思いますが、「話し方」や「滑舌」をトレーニングするとはどういうものでしょうか。

        

 お越しになる生徒さんから、下記「話し方」に関してのお悩みを伺います。

        
        
                
  1. 1.話し方のお悩み内容
  2.             
  3. 2.実は、話し方ではなく滑舌の悩み
  4.             
  5. 3.内容が良くても伝わらない
  6.             
  7. 4.話し方教室
  8.             
  9. 5.まったりとした話し方を変えたい
  10.             
  11. 6.語尾が伸びてしまうクセ
  12.             
  13. 7.コントロールできる舌づくりが必要
  14.             
  15. 8.まとめ
  16.           
         
    
            

話し方のお悩み内容

                    
  • 1.講演などで、内容が良いのに、早口で伝わらないと言われる
  • 2.話し方教室や話し方の講座、本なども参考にしたが、滑舌が良くならない
  • 3.まったりとした話し方を変えたいが、速く話すことができない
  • 4.語尾が伸びてしまう話し方のクセを治したい
  •    
     

実は、話し方ではなく滑舌の悩み

        

 皆さん、「話し方」を治したい、というものですが、上記お悩みにある「話し方」とは「滑舌」のことを指します。

        

 「治したい」とされるものは「話し方」ですが、どの内容も「滑舌」が悪いことにより「話し方」が悪くなっている、というもの。

        

 例えば、「面白く話したい、論理的に話したい」という場合は、話の内容や、話の組み立て、に当たるため「会話力やスピーチ力」をつけるトレーニングが必要です。

        

 一方、「話し方のクセを治したい、話し声を変えたい」という場合は、滑舌によって、話し方や話す声にクセが出ているということになりますから、「滑舌矯正」「滑舌トレーニング」が必要です。

     

1.内容が良くても伝わらない

        

 内容が良いのに伝わらない、というものは、スピーチ力が足りないのではなく、「滑舌」が不明瞭なため、さらには、早口になるため、聞き取りづらく、伝わらない、ということ。

                

 「もっとゆっくり話して」と言われても、早口になるのは、「舌」をゆっくり動かせないことが原因のため、早口になってしまう方にとっては大変なこと。

                

 この場合は、ゆっくり動かせる「舌」を作る滑舌トレーニングで早口を改善することが可能です。

     

2.話し方教室

        

 話し方の教室や講座、本などを参考にしたが、滑舌が良くならないと・・・という場合は、スピーチ力をつけたい場合は、話し方の教室、滑舌を良くしたい場合は、滑舌教室と、ご自身の目的に合ったトレーニングをすることが必要です。

     

3.まったりとした話し方を変えたい

        

 まったり話してしまう原因は、速く発音することができない、ということです。

                

 もちろん、性格などもありますが、「速く話したいのに、話せない」というのは、「舌が速く動かないため、話すスピードが遅くなってしまう」ということです。

                

 小さい頃から、ゆっくり話していると、ハキハキ話す、ということがありませんので、社会人になり、面接や仕事でハキハキ話そうと思っても話せない、ということが起きます。また、行動もゆっくりな印象です。

     

4、語尾が伸びてしまうクセ

        

 話し方のクセが出ている場合は、発音する際に、発音がしやすいように顎が不均等に動いたり、語尾を延ばすクセがついていたりと、発音の仕方に問題があります。

        

 性格上、クセがあるから、語尾が伸びる・・・というわけではありません。

        

 自身では意識がなくとも、自然と、音が出ると思う位置で、発音してしまうものです。そのため、不均等に舌の筋肉、顎、顔の筋肉が動く、ということが起きます。発音の正しい位置は、歯並びや舌の長さなど、皆さんそれぞれ違うため、お手本がないことも理由です。

     

コントロールできる「舌づくり」が必要

        

 ゆっくり話したい、速く話したい、と速度を変えたい場合は、話すスピードをコントロールする「舌づくり」が必要です。

                

 また、抑揚をつけた話し方にしたい、という場合は声の高さをコントロールする「舌づくり」が必要です。

     

まとめ

        

 ご自身に必要なトレーニングを見極めることで、話し方や滑舌を改善することが可能なのです。

            

Column