受け口と滑舌の関係 

        
                

 受け口は滑舌に関係がありますか、というご質問を生徒さんから多く頂きます。

        

 受け口とは、下顎が上顎よりも前に出ている状態のことを指しますが、遺伝や習慣によるものが多く、また、発音する時にだけ受け口のようになる場合もあります。

                

 それでは、受け口は、滑舌にどの程度関係があるのかご説明いたします。

        
        
                
  1. 1.受け口が滑舌に与える影響
  2.             
  3. 2.さ行、ざ行、た行の発音に影響
  4.             
  5. 3.滑舌を治すために必要なこと
  6.             
  7. 4.上下の歯の隙間が大きい場合
  8.             
  9. 5.舌の位置を調整することで改善可能
  10.             
  11. 6.まとめ
  12.           
         
              

受け口が滑舌に与える影響

        

 受け口が滑舌に与える影響は、特に、「さ行」「ざ行」「た行」など、「s」「z」や「t」を含む音です。

     

さ行、ざ行、た行の発音に影響

        

 発音する上で、「さ行」「ざ行」「た行」等は、「上下の歯」と「舌の位置」が重要ですが、受け口の場合は、その1つの「歯」の合わせ方がスムーズに行かないため、「s」や「t」の音を作りづらくなる、という、発音・滑舌への影響があります。

        

 しかしながら、滑舌を治すためには、歯科矯正から始めなくてはならないのか、と心配をする必要はありません。

    

 もちろん、咀嚼など、日常生活に支障をきたす場合は、歯科矯正等が必要ですが、日常生活に支障はなく、滑舌を治したい、という場合は、適切な滑舌トレーニングをすることで、治すことが可能です。

                

 それでは、滑舌を治すためには、何が必要なのでしょうか。

     

滑舌を治すために必要なこと

        

 滑舌を良くするためには、「舌」が重要で、「舌」の位置を整えることができれば、綺麗に発音ができるようになります。

     

上下の歯の隙間が大きい場合

                

 例えば、上下の歯の隙間がすごく開いていれば、歯から空気が漏れてしまいますので、「s」「z」「t」などの音は、息漏れが強くなります。

        

 受け口の場合は、上下の歯の隙間が大きくなりやすいため、空気の漏れが多くなり、「さしすせそ」が「しゃししゅしぇしょ」に聞こえることが多くあります。

                

 また、はっきり言おうとして、舌を前に出すと、上下の歯から、舌が見えてしまい、英語の「th」の発音のようになります。しかしならが、これは日本語の適切な発音の仕方ではありません。

     

舌の位置を調整することで改善可能

        

 上下の歯の開きが強い場合は、舌の位置を調整することで、息漏れを防ぐことが可能です。「さ行の発音理論」の通り、「さ行の発音には5つのポイントがありますが、その点を踏まえトレーニングを行うことが必要です。

     

まとめ

                

 受け口は滑舌に影響はあるものの、舌の位置を整えるためのトレーニングをすることで、滑舌を治すことが可能です。

        

 また、「受け口は滑舌トレーニングで治すことが可能か?」でご紹介しましたように、発音の仕方で受け口のように見えてしまう場合もありますが、その場合は、発音の位置を変えるだけで、受け口のように見えていた状態を改善することが可能です。

                             

Column