歯並びが滑舌に与える影響とは? | ヴォイスレッスン ジャス/Voice Lesson Justice

 歯並びが滑舌に与える影響とは? 

        
                

 歯並びが滑舌に与える影響とは、特に、「さ行」「ざ行」「た行」等が挙げられます。

        

 「s」「t」「z」などは「上下の歯」と「舌の位置」で発音を作りますが、上下の歯の隙間が多い歯並びの場合は、空気の漏れが生じやすく、滑舌に影響が出ます。

                

 それでは、歯並びが、滑舌にどの程度影響があるのかご説明いたします。

        
        
                
  1. 1.滑舌への影響
  2.             
  3. 2.さしすせそがしゃししゅしぇしょに聞こえる
  4.             
  5. 3.歯がでこぼこしている場合
  6.             
  7. 4.歯並びが悪くても滑舌を良くすることは可能
  8.             
  9. 5.歯科矯正をしたのに滑舌が良くならない理由
  10.             
  11. 6.まとめ
  12.           
         
                 

滑舌への影響

        

 上下の歯を閉じた時に、上下の歯の隙間が多い場合や、上下の歯が閉じない歯並びの場合(開咬)は、歯の隙間が狭い方と比べ、空気の漏れが多く生じるなど、「さ行」「ざ行」「た行」の滑舌に影響があります。

        

さしすせそがしゃししゅしぇしょに聞こえる

        

 「さしすせそ」の発音が「しゃししゅしぇしょ」のように、音が変化する場合や、息が多く抜けることで、発音や滑舌がはっきり聞こえないことがあります。

        

歯がでこぼこしている場合

        

 歯がでこぼこしている場合も、「s」「z」「t」等の空気の通り道が一定ではありませんので、発音のしづらさや、発音の不明瞭さを感じることが多くあります。

        

歯並びが悪くても滑舌を良くすることは可能

    

 上記のように、歯並びは、「音」や「発音のしづらさ」などに影響を与えますが、歯並びが悪くても滑舌を良くすることは可能です。

        

 「歯並びは滑舌に関係ない?」でもご説明しました通り、発音は「舌」で作るものですから、歯並びが悪くとも、綺麗な発音にすることは可能ということ。

        

歯科矯正をしたのに滑舌が良くならない理由

                

 「歯科矯正をしたのに、滑舌が良くならない」とお悩みの方が多くいらっしゃいますが、「舌の位置」を整えていないことが理由です。

        

 歯並びは綺麗になったが、「裏側矯正で滑舌が悪くなるのはなぜ?」のように、滑舌が悪かった頃の舌の動きは、そのまま残ってしまうため、発音が改善されない、というものです。

                

 「受け口と滑舌」の通り、滑舌を良くするためには、発音に必要な「舌の位置」を整えることが重要なのです。

        

まとめ

                

 歯並びは、「さ行」「ざ行」「た行」等の滑舌に影響はあるものの、舌の位置を整えるトレーニングを行うことで、滑舌を良くすることは可能なのです。

                         

Column