滑舌の手術とは? | ヴォイスレッスン ジャス/Voice Lesson Justice | 滑舌矯正専門の教室

 滑舌の手術とは? 

        
                

 滑舌の手術を行いましたが、滑舌が良くなりません、とお悩みでお越しになる生徒さんが多くいらっしゃいます。

        

 滑舌の手術とは、舌小帯短縮症の方が行う手術で、舌の裏にある舌小帯という「スジ」を切るというものです。

                

 それでは、滑舌の手術は、どのような方が行うのか、また、手術後に必要なことをご説明いたします。

        
        
                
  1. 1.滑舌の手術が必要な方
  2.             
  3. 2.滑舌の手術は必要のない方
  4.             
  5. 3.プロの方も舌が短い方はいる
  6.             
  7. 4.滑舌を良くするために必要なこと
  8.             
  9. 5.まとめ
  10.           
         
                 

滑舌の手術が必要な方

        

 滑舌の手術が必要な方は、舌の裏のスジが極端に短い方です。

        

 極端に短いことで、発音に違和感がある場合や、飲み込むなどの日常生活に支障がある場合に行うものです。

        

 手術自体は珍しいものではなく、幼少期に手術を行う場合や、大人になってから行う場合もあります。

        

滑舌の手術は必要のない方

        

 舌小帯短縮症の方は、舌が短いことで、上顎につくことが制限されてしまうため、「ら行」の発音に大きく影響します。

        

 「ら行」の発音が「だ行」の音に変化してしまうことは、舌小帯短縮症の方に多く見られる症状です。

    

 しかしながら、少し短い程度でしたら、発音への違和感は残りませんし、多少、舌足らずのように聞こえても、飲み込むなど、日常生活に支障はない場合は、滑舌手術の必要はありません。

        

プロの方も舌が短い方はいる

                

 アナウンサーや声優のお仕事をされている方も、舌が短い方は多くいらっしゃいますので、特に「短いから、と切らなくてはいけないのか」と心配する必要はありません。

                

 それでは、滑舌手術をせずに、滑舌を良くすることはできるのでしょうか?

        

滑舌を良くするために必要なこと

        

 「病院で舌小帯短縮症と言われ、手術をしましたが、滑舌が良くなりません。」とお悩みの方に多いのは、手術後に、発音に必要な「舌のトレーニング」を行っていないことが原因です。

                

 「滑舌は手術で良くなるのか?」でもご紹介しましたが、舌の可動域が増えても、舌の使い方をトレーニングしていない場合は、舌の正しいポジションや発音の正しい位置が分からないため、滑舌が良くなることはありません。

        

 発音や滑舌を良くするためには、舌のトレーニングが必要なのです。

        

まとめ

                

 「滑舌の手術をすべきか見てもらいたい」とお越しになる生徒さんもいらっしゃいますが、舌のトレーニングを行うと、滑舌は良くなるため、手術の必要がない方がほとんどです。

                

 舌が短いから、といって「手術が必要なのか」と心配する必要はなく、適切な滑舌矯正を行うことで、滑舌を良くすることは可能なのです。

                         

Column