舌小帯短縮症と滑舌の関係 

        
                

 舌小帯短縮症の方から、「滑舌を治すことは可能か」というご質問を生徒さんから多く頂きます。

        

 舌小帯短縮症とは、舌の裏にあるスジが短いことで、舌の動きが制限され、「ら行」の発音のしづらさを感じる場合や、舌足らずのような話し方になる場合があります。

                

 手術をする前はもちろんのこと、手術後も、発音のしづらさが改善されないことが多いのですが、その理由をご説明させて頂きます。

     
          

< 舌小帯短縮症の方が感じている症状 >

                    
  • ・舌を上顎に持ち上げづらい
  • ・ら行がだ行の発音になる
  • ・舌足らずのような話し方になる
  •           
        

 < 滑舌や発音への影響 > 

        

 舌小帯(舌の裏にあるスジ)が短い場合は、上顎に舌をつける動作が、スジが長い方と比べて難しく、上顎につけようとすると、引っ張られるような、つっぱったような感覚が残ります。

        

 上顎につきづらいため、「ら行」が「だ行」の発音になるなど、発音への影響が大きくあります。

        

 中には、「病院で舌小帯が少し短いですね、と言われました。だから、さ行が苦手なのでしょうか。」とお越しになる生徒さんがいらっしゃいます。

    

 滑舌矯正を行う立場からすると、基本的に、「ら行」以外の発音への影響はなく、さ行やた行が言いづらい場合は、舌の発音の位置が間違っているだけの場合がほとんどです。詳しくは「さ行の発音理論」をご参照ください。

                

 また、手術自体は、珍しいものではなく、「滑舌は手術で良くなるのか?」でご説明しています通り、幼少期に手術をする場合や、大人になってから、手術をする場合もあります。

        

 それでは、舌小帯短縮症の方は、滑舌を治すことができるのでしょうか。
手術前の方と手術後の方に分けてご説明いたします。

        

< 手術前の方 >

                

 手術をしていない方の場合は、舌小帯の長さを変えることはできませんが、上顎に持ち上げる動作を円滑にするトレーニングが必要です。少し引っ張られる感などはありますが、舌の裏のスジも伸ばすことで、伸びやすくなるものです。

                

 また、動かし方がスムーズではないため、発音の仕方が間違っている場合が多いのですが、訓練を行うと、上顎につきやすく、発音の位置を整えることで、「ら行」が「だ行」の発音になることを防ぐことができます。

        

 舌小帯の伸ばし方は、「滑舌を良くする方法 Lesson1舌のトレーニング」をご参照ください。

        

< 手術後の方 >

                

 手術をした後の方は、舌の長さは確保されたが、発音の仕方を訓練していない、ということが発音のしづらさの原因です。

                

  この場合は、手術をしたことで、舌は動きやすくなっていますので、正しい滑舌矯正をすることで、発音を改善することができます。

        

< まとめ >

                

 舌小帯短縮症の方は、手術をしていない方も、手術をした方も、舌を整える、滑舌矯正を行うことで、必ず滑舌を治すことが可能なのです。

                

滑舌の手術とは?」も併せてご参照ください。

                     

滑舌矯正コース内容

        

プロコース内容