裏側矯正で滑舌が悪くなるのはなぜ? 

        
                

 裏側矯正で滑舌が悪くなりました、とお越しになる生徒さんが多くいらっしゃいます。

        

 裏側矯正とは、通常の歯の表面につける矯正とは違い、歯の内側に器具をつける歯科矯正の方法ですが、内側に装置をつけるため、「さ行」や「ざ行」などの滑舌に影響があります。

                

 それでは、歯並びを良くするための裏側矯正で、滑舌が悪くなるのはなぜか、ご説明させて頂きます。

        

< 滑舌が悪くなる原因 >

        

 歯の内側に矯正器具をつけた場合、器具が舌に当たるため、舌が器具から逃げようとし、常に舌が浮いたり、動いた状態になります。

        

 舌の置き場に困り、器具から舌が逃げようとするため、正常な位置からはずれ、年数が経てば経つほど、正しい位置が分からなくなってしまう、ということが、滑舌を悪くする原因です。

        

 器具をつけ始めた際の言いづらさがそのまま継続することで、言いづらい「舌」へと変化してしまいます。

    

 中には、以前は滑舌が悪くなかったが、裏側矯正によって、舌が完全によれてしまい、舌の癖がついたことで滑舌が悪くなった、という生徒さんもいらっしゃいますが、この場合は、正しい発音の位置に戻すトレーニングが必要です。

                

 下記も併せてご参照ください。

        

 「歯並びが滑舌に与える影響とは?
 「歯並びは滑舌に関係ない?

     
          

< 裏側矯正により、滑舌が悪くなりやすい発音 >

                    
  • ・さしすせそ
  • ・ざじずぜぞ
  • ・たちつてと
  •           
                

 「さしすせそ」は「しゃししゅしぇしょ」、「ざじずぜぞ」は「じゃじじゅじぇじょ」のように、空気の漏れが多くなり、「つ」は「ちゅ」になるなど、明らかな発音の不明瞭さに繋がります。 

        

 いづれも、舌の位置が正しい位置に置けないことで起きる、音の不明瞭さです。 

                

 しかし、裏側矯正をしていても滑舌を良くすることは可能で、舌の位置を整えることができれば、滑舌が悪くなることを防ぐことも可能です。

        

 もちろん、歯の内側に器具がついていることで、つけていない状態よりも、発音のしづらさは、多少残りますが、舌がよれてしまったり、音が変化して聞こえる状態からは脱することが可能なのです。

        

< まとめ >

        

 裏側矯正中で滑舌が悪くなったと感じている場合も、裏側矯正をしたことで、舌がよれてしまった場合も、「滑舌矯正」をすることで、正しい舌の位置に戻すことが可能です。

                

 発音がしづらく大変な方は、「滑舌矯正とは?」をご参照ください。

                     

滑舌矯正コース内容は「こちら

        

プロ滑舌矯正コース内容は「こちら

        
トップページジャスにできることコース 特長入会お申し込みアクセス お問い合わせ
Copyright (c) 2018 Voice Lesson Justice. All rights reserved.