頭の回転を速くする方法!舌トレとは 

        
                

 頭の回転を速くする方法とは何があるでしょうか。
実はあまり知られていない、舌トレ。一種の脳トレですが、舌を動かすトレーニングをすると、会話が速くなり、結果、頭の回転が速くなります。

        

本来は、滑舌を良くするための舌のトレーニングですが、
生徒さんの滑舌トレーニングをしていると見えてくるものがあります。

        

 滑舌が悪い方は、言葉数が少なかったり、「うん、すん」と返事すらままならないのですが、これは発音しづらい言葉があるため、話す言葉を言いやすい言葉に変換したり、話したいけど、言葉を呑み込み、言葉にしない、ということを繰り返した結果、起きています。

                

 考える力はあっても、それを発する言語の部分で違和感があり、スムーズに話せない、という場合があります。これは、頭の回転が遅いのではなく、発音がしづらい、声が出づらいことで起きています。
面接等で、ハキハキ話したいが、発音がしづらいので、思ったように話せない、ということも生徒さんからよく伺います

                

 舌トレ(滑舌トレーニング)を行うと、改善するにつれ、ほとんどの方が、会話がスムーズに、そして、速く話せるようになります。

        

 速く話す、とは早口、ということではなく、スラスラ違和感なく話せる、ということ。考えていることがスラスラ話せるようになると、話を整理する力、また、理解力もついてきます。
脳トレで、音読が良い、とされるものと共通する部分です。

        

 滑舌が悪いとお越しになる生徒さんの中に、会話や行動がゆっくりな方がいらっしゃいます。説明をしていても、分かっているのか、分かっていないのか、と心配になるほどですが、滑舌トレーニングをした後は、言葉が明瞭になるため、「シャキッ」とされます。
ご自身の発音している言葉がハッキリと聞こえ、ハキハキ発音している感覚も残るため、脳がシャキッとするのです。

        

 トレーニングを繰り返し行うと、日常会話でもハキハキ話すことができるため、話すことにも抵抗感がなくなります。
「最近会話をしていて、楽しいです。」と生徒さんからもよく伺います。
滑舌が悪かった頃と比べ、会話が弾みますし、何より、会話のスピード、さらには行動のスピードが速くなっていきます。

        

 そして、元々、頭の回転が速い方は、早口の傾向があります。回転が速いため、言葉が速くなるのですが、速くても聞き取れる場合と、速すぎて聞き取れない場合があります。

        

 速すぎて何を言っているか分からない場合は、脳で考えたスピードに発音が追いついていないことが原因です。滑舌トレーニングをすると、ご自身の脳に合ったスピードで発音ができるようになるので、速くても聞き返されることはありません。
早口改善は後にご紹介します。

        

ご自宅でできる舌トレ!は「舌のトレーニング」をご参照ください

        

滑舌矯正コース内容は「こちら

        

プロ滑舌矯正コース内容は「こちら

        
トップページジャスにできることコース 特長入会お申し込みアクセス お問い合わせ
Copyright (c) 2017 Voice Lesson Justice. All rights reserved.